京都自由大学 容姿が評価されるということールッキズムを考えていくために

西倉先生
フェミニズム ウーマンリブ 女性解放 女性参政権
娘よ元気出して 新聞コラム
美醜ハラスメント
ミスコン批判
社会的にどうか
言説 コマーシャリズム
社会の抑圧/個人の選択という袋小路
フェミニズムの内部争い
間接的ハラスメント 美醜イデオロギー
対処法
1.容姿の修正
2.自分のマインドを変える 容姿の重要度の低下 美醜基準の相対化と新しいファッションの試み
3.社会の美醜基準を変える
フェミニズムの役割は2と3 事例を社会に紹介していく
ルッキズム→容姿にもとづく公的領域における差別
化粧の強要 ひげ禁止
美的労働
男女間の評価軸の乗り入れ 男も美醜 女も経済力
理想の「女性像」 一歩下がって おしとやか 従順
「若さ」エイジズム