いくら夢の時代、虚構の時代とはいっても、60、70、80年代は素晴らしい夢であり、素晴らしい虚構であった。楽しい時代であった。しかし、もうことここに至っては、安直な再現は出来ない。現実の時代、絶望の時代を経る必要がある。その先には意外に希望が見えるはず。